エアコンのトラブル

みなさんこんにちは。とても暑い日が続きますね。

こんなときになくてはならないのがエアコン。ただ久しぶりにエアコンをつけてみたら・・・
この時期よくお客様からいただくお問い合わせが「エアコンの故障」です。エアコンは10年ほどで寿命がくるので、長くつかっているものだと買い替えた方がいいのか、それとも修理がいいのか非常に迷いどころですよね。



弊社ではお客様がエアコンの故障でお困りの際、状況を丁寧にお伺いし総合的に考えてどのような方法がいいかご提案をさせていただきます。
買い替え、修理それぞれのメリットと注意点を以下の通りまとめましたので、エアコンの調子が悪いあるいは故障してしまった場合はぜひご参考にしていただけたらと思います。

・買い替えの場合
メリット:製品によってはこれまで使っていたものより性能がいいものを使用することができる。
注意点:注文した製品がすぐに納品されるか。製品代+取付工事代がかかる。使い方がこれまでの機種と変わることがあり、慣れるまで時間がかかる。

・修理の場合
メリット:買い替えの場合よりも費用を抑えられる可能性が高い。新しい機種にすることで使い勝手が変わるといったことがない。
注意点:これまで使用していた機種が廃番になった場合、部品交換をすることができない。メーカーの訪問修理の場合、出張料がかかる。

そのほかにご提案させていただくパターンとして、他の部屋の使っていないエアコンを故障した機種の所に移設するという方法があります。
この場合は、以下に注意が必要です。

エアコン移設の注意点:エアコンのスペック(kw数)が同等のものであること。(他の部屋から移してくるエアコンのスペックが高いものだと移設の際に追加で電気工事等が必要になる可能性があります。また反対にスペックが低い場合は、部屋全体を涼しくするのが難しくなります。)

以上を踏まえて、エアコンの買い替えや修理、移設をご検討されることをおすすめします。

またエアコンを長持ちさせるためには定期的にフィルターを掃除することが望ましいです。最近は一般の方がきれいにしづらいところでもプロの職人さんがお掃除してくれるエアコンクリーニングのサービスもありますので、定期的にご利用されるのもよいかもしれません!

引き続き暑い日が続きますが、適度にエアコンを使用し熱中症に気を付けてお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。